ウエストチェスターのエリア情報

                        *地域名はそれぞれのラインでの日本人が多い地位基準(当社基準)

 

                   ニューヘブンライン(New Haven Line)

 

                      ハリソン(Harrison)

 

                        駅の近くに新築物件が比較的多く、特にデュプレックス(二世帯住宅)が多く立ち並ぶ。日系の食料品店、レストランなどがあり、
                        生活のしやすい町で車がなくても生活が可能で、公共施設も充実している。パーチェスには慶応高校もある。日系幼稚園や日本人
                        学校行きのスクールバスがハリソン駅周辺に止まる。駅前にある図書館には日本語の蔵書も多い。
                        電車の始発が出る時もあり、マンハッタン、グランドセントラル駅まで、メトロノース・ニューヘブンラインで約40分。

 

                        公式ウェブサイト(英語)はこちら→http://www.harrison-ny.gov/

 

 

                      ライ(Rye)

 

                        海沿いにある、ウエストチェスターで最も人気のある高級住宅地の一つ。家賃は高めだが、市営のビーチ、ゴルフコースや
                        テニスコートなどのレクリエーション施設が充実し、夏の間花火が打ち上げられる遊園地「ライプレイランド」もある。
                        日本語補習校へは、ライ駅から車で約10分で通うことができる。建築制限により、高層ビルはないが、一戸建て、タウン
                        ハウスなど種類が豊富。ライはフットボールゲームでも有名で、何度かチャンピオンにもなっている。
                        マンハッタン、グランドセントラル駅まで、メトロノース・ニューヘブンラインで約45分。

 

                        公式ウェブサイト(英語)はこちら→http://www.townofryeny.com/

 

 

                      ラーチモント(Larchmont)

 

                        昔は、マンハッタンに住む裕福な住民の海辺の別荘地だったラーチモントは、今もその雰囲気を残し、1920年代に建てられた
                        伝統的なコロニアル・ビクトリアン様式の一戸建てが多く、駅前にはおしゃれな店やカフェ・レストランなどが立ち並ぶ。
                        海岸線にはヨットハーバーや住民用のビーチもある。日本人以外の海外からの駐在員も多く住み、学校区はママロネック校区。
                        マンハッタン、グランドセントラル駅まで、メトロノース・ニューヘブンラインで約35分。

 

                        公式ウェブサイト(英語)はこちら→http://villageoflarchmont.org/

 

 

                      ママロネック(Mamaroneck)

 

                        ママロネック駅周辺は庶民的な雰囲気で、アンティークの店が軒を連ねる商店街がある。駅の近くにはヨットハーバーがあり、
                        ハーバー付近には高級住宅があり、子供のプレイグラウンドや野球、サッカーの出来る広いグラウンド等の施設が整っている
                        「ハーバーアイランドパーク」もある。

                        この付近では、毎年独立記念日に花火が上がり、春には150本以上ある桜が咲く。

                        マンハッタンまで通勤するビジネスマンも多く住み、マンハッタン、グランドセントラル駅まで、メトロノース・ニューヘブンラインで約40分。

 

                        公式ウェブサイト(英語)はこちら→http://www.townofmamaroneck.org/

 

 

                      ライネック(RyeNeck)

 

                        ママロネック、ハリソン、ライに囲まれた小さな区域。アドレス上はライだが、学校区はライネックとして独立していている。
                        ママロネック駅、ハリソン駅からの徒歩圏内に、日本人が増えてきている。

 

                        学校区公式ウェブサイト(英語)はこちら→http://www.ryeneck.k12.ny.us/

 

 

 

 

                   ハーレムライン(Harlem Line)

 

                      スカースデール(Scarsdale)

 

                        昔から高級住宅地として有名で、公立教育制度の質が高いため早くから日本人駐在員が多い地域。教育に掛かる予算が
                        高いため不動産税が高く、家賃が他の地域に比べて少し高い。スカースデール駅前は、ヨーロッパ風の建物が並び、
                        洗練された雰囲気がある。

                        マンハッタン、グランドセントラル駅まで、メトロノース・ハーレムラインで約40分。

 

                        公式ウェブサイト(英語)はこちら→http://www.scarsdale.com/

 

                      イーストチェスター(Eastchester)

 

                        日本人の駐在員家族に長年親しまれているエリア。スーパーやショッピングセンターが点在し、日系食料品店、学習塾、
                        美容院なども充実していて、生活に便利。「レイクアイル・カントリークラブ」には、ゴルフ場、テニス、プールなどの施設があり、
                        住民は会費を払えば誰もが利用可能。
                        マンハッタン、グランドセントラル駅まで、メトロノース・ハーレムラインのクレストウッド駅から約40分。

 

                        公式ウェブサイト(英語)はこちら→http://www.eastchester.org/

 

                      ハーツデール(Hartsdale)

 

                        1930-50年代に掛けて住宅地として開発されたエリア。駅から徒歩圏内に日系スーパー、レストラン、診療所が立ち並ぶので、
                        日本語だけでも生活が可能。駅近くには、日系の幼稚園や日本人学校のバス停もあり、車の運転が出来なくても暮らせる。
                        マンハッタン、グランドセントラル駅まで、メトロノース・ハーレムラインで約40分。

 

 

                      ホワイトプレインズ(White Plains)

 

                        ウェストチェスター郡の行政・商業の中心都市で、官庁所在地でもある。オフィス街を中心にショッピングモールやデパート、
                        レストランが充実している。日系スーパーやレストラン、日系幼稚園。最近開発が進み、トランプなどの高級コンドミニアム、
                        リッツカールトンなどのホテルが立ち並び始めた。
                        マンハッタン、グランドセントラル駅まで、メトロノース・ハーレムライン急行で約35分。

 

                        公式ウェブサイト(英語)はこちら→http://www.cityofwhiteplains.com/

 

                      タカホ(Tuckahoe)

 

                        駅前のコンドミニアムやアパートは、公園などの施設があり住み心地が良い。築浅の2世帯住宅(デュープレックス)もよくある地域。
                        イーストチェスターの充実した公共施設が利用可能。
                        マンハッタン、グランドセントラル駅まで、メトロノース・ハーレムラインで約35分。

 

                        公式ウェブサイト(英語)はこちら→http://www.tuckahoe.com/

 

 

                      エッジモント(Edgemont)

 

                        スカースデールの西に位置し、アドレスはスカースデールだが、行政も学校区も独立運営している。学校は、父兄参加の活動が多い。
                        駅から少し離れると、ショッピングモールなどの大型店舗があり、タウンハウス、コンドミニアムや賃貸アパートもある。
                        最寄り駅はスカースデール、又はハーツデール。

 

                        学校区公式ウェブサイト(英語)はこちら→www.edgemont.org/

 

 

                      ブロンクスビル(Bronxville)

 

                        高級住宅地として開拓された小さな街だが、風情があり、洗練された駅前にはお洒落なブティックやレストランが軒を並べる。
                        公立学校がとても充実していて、小学校から高校が同じキャンパスにある。賃貸物件数は少なく、家賃は非常に高いが、
                        マンハッタン、グランドセントラル駅まで、メトロノース・ハーレムラインで約35分と便利なため、大手企業のエグゼクティブクラスの居住地として有名。

 

                        公式ウェブサイト(英語)はこちら→http://www.villageofbronxville.com/

 

 

                   ハドソンライン(Hudson Line)

 

                      アーズレー(Ardsley)

 

                        スカースデールとドブズフェリーとの間にある小規模な地域だが、公立校は定評があり、学校を目当てに引っ越してくる家族もいる。
                        レストランが多く、日本食レストランや日系食料品店、スーパーマーケットやショッピングモールも簡単に行く事ができる。
                        最寄駅のスカースデールまたはドブズフェリーへは、どちらもバスで約10分。マンハッタン、グランドセントラル駅まで、
                        メトロノース・ハドソンラインのドブズフェリー駅から約40分、ハーレムラインのスカースデール駅から約35分。

 

                        公式ウェブサイト(英語)はこちら→http://www.ardsleyvillage.com/

 

                      ドブズフェリー(Dobbs Ferry)

 

                        ハドソン川沿いにあり、ハドソン川を望む景観あり、趣のある歴史を持った町。ハイキングやサイクリングが楽しめ、夏には
                        ファーマーズマーケットで買い物もでき、秋にはハドソン・リバーで紅葉を楽しむことが出来る。有名な私立校もあり、
                        公立校の教育は充実している。
                        マンハッタン、グランドセントラル駅まで、約40分。

 

                        公式ウェブサイト(英語)はこちら→http://www.dobbsferry.com/