ニューヘイブン・ライン - 住友不動産販売ニューヨーク

New Haven Line

ニューヘイブン・ライン

ハリソン(Harrison)

駅の近くに新築物件が比較的多く、特に近年建てられたデュプレックス(二世帯住宅)が多く立ち並ぶ。日系の食料品店、レストランなどがあり、生活のしやすい町で車がなくても生活が可能で、公共施設も充実している為、日本人駐在員が最も多く住んでいるエリアの一つ。少し離れた北西側のタウン・オブ・ハリソン内、パーチェス地域は、ウェストチェスター内でも最も高級な地域として知られている。パーチェスには慶応高校や広大な敷地のニューヨーク州立大学パーチェス校、マンハッタンビル大学のキャンパスもある。

日系幼稚園や日本人学校行きのスクールバスがハリソン駅周辺に停まる。パブリック・スクールのレベルも高く日本人対応も良い。駅前にある図書館には日本語の蔵書も多い。通勤ラッシュ時には電車の始発が出る時もある。マンハッタン、グランド・セントラル駅まで、メトロノース・ニューヘイブン・ラインで約40分。

公式ウェブサイト(英語)はこちら


ライ(Rye)

海沿いにある、ウエストチェスターで最も人気のある高級住宅地の一つ。閑静で歴史ある街で情緒ある一軒家が多い。ダウンタウンには、スタイリッシュなショッピング・エリアが広がっている。家賃は高めだが、市営のビーチ、ゴルフコースやテニスコートなどのレクリエーション施設が充実し、夏の間花火が打ち上げられる事がライの夏の風物詩にもなっている遊園地「ライ・プレイランド」からは、ロングアイランド・ベイを眺める事が出来る。オズボーン、ミルトン、ミッドランド等の小学校に、ライ中学校、ライ高校と学校区が良く、人気が絶えない。日本語補習校へは、ライ駅から車で約10分で通う事が出来る。

建築制限により高層ビルはないが、一戸建て、タウンハウスなど種類が豊富。賃貸物件が少ない為、家賃は高め。ライはフットボール・ゲームでも有名で、何度かチャンピオンにもなっている。マンハッタン、グランド・セントラル駅まで、メトロノース・ニューヘイブン・ラインで約40分。

公式ウェブサイト(英語)はこちら


ラーチモント(Larchmont)

昔は、マンハッタンに住む裕福な住民の海辺の別荘地だったラーチモントは、今もその雰囲気を残し、1920年代に建てられた伝統的なコロニアル・ビクトリアン様式の一戸建てが多く、駅前にはおしゃれな店やカフェ、レストランなどが立ち並ぶ。

海岸線にはヨット・ハーバーや住民用のビーチもあり、会員制の高級ヨット・クラブもある。日本人以外の海外からの駐在員も多く住み、特にフランス語を母国語にした駐在員が多い。学校のレベルは高い。学校区はママロネック校区。マンハッタン、グランド・セントラル駅まで、メトロノース・ニューヘイブン・ラインで約35分。

公式ウェブサイト(英語)はこちら


ママロネック(Mamaroneck)

ママロネック駅周辺は庶民的な雰囲気で、アンティークの店が軒を連ねる商店街がある。駅の近くにはヨット・ハーバーがあり、ハーバー付近には高級住宅があり、子供のプレイ・グラウンドや野球、サッカーの出来る広いグラウンド等の施設が整っている「ハーバー・アイランドパーク」もある。ハーバーの南側にあるオリエンタ地区は、マンハッタン在住者が所有するサマーハウスが軒を連ねる高級住宅地となっている。この付近のヨット・ハーバーでは、毎年独立記念日に花火が上がり、春には150本以上ある桜が咲く。

駅からハーバーまで延びるメイン・ストリート付近には、近年建てられたコンドミニアムや賃貸アパートもあり、マンハッタンまで通勤するビジネスマンも多く住む。近年、駅前を流れる川が氾濫したので、川の近くの土地は気を付ける必要がある。日本人居住者は比較的少ないエリア。マンハッタン、グランド・セントラル駅まで、メトロノース・ニューヘイブン・ラインで約35分。

公式ウェブサイト(英語)はこちら


ライネック(RyeNeck)

ママロネック、ハリソン、ライに囲まれた小さな区域。アドレス上はライだが、学校区はライネックとして独立しており、評判も良い。その為、特に賃貸物件が多いママロネック駅、ハリソン駅からの徒歩圏内に日本人居住者が増加傾向にある。ママロネック・ハーバー、ハリソン駅に近いエリア。学区が小さく、スクールバス・サービスが無い。

公式ウェブサイト(英語)はこちら



ウエストチェスター・エリアガイド

ニューヘイブン・ライン

このエリアの物件を探す


賃貸     売買 

エリア一覧へ