ニューヨークシティー・エリアガイド

Lower East Side

ロウアー・イーストサイド

西はバワリー・ストリート、東はイースト川まで、北はイースト・ハウストン・ストリートから南はキャナル・ストリートまでの丁度チャイナ・タウンの北に位置する、近年LESと略称される地域。NYの中でも最も歴史が古い地域の一つ。伝統的にこの地区は、移民や労働者階級が住み着いていたが、2000年以降から急速に地価高騰が進んだ。
最近は、コンテンポラリー・アート・ギャラリーが集まる拠点となってきている。有名なグラフィティ・アーティストであるジャン=ミシェル・バスキアもこの地域が拠点であった。

LESの街並み

LESの街並み

Neighborhood

若い学生層やクリエイティブ系に人気

長く住み続ける人達が多く、お互い助け合う良き友人であり良き隣人である素敵なコミュニティーが広がっている。1990年代~2000年代の人口増加以前からこの地域に移って来た「ダウンタウンのパイオニア」達が今でも多く住んでいる。バーやクラブ、ヴィンテージ・ストアが多く、夜も活気があるエリア。若い学生層やクリエイティブ系に人気がある。
エセックス・ストリート・マーケットは、多国籍な店舗で形成される親しみやすい雰囲気のマーケットだったが、2018年秋にこの場所は取り壊され、リニューアルが計画されている。

Essex Street Market

エセックス・ストリート・マーケット

Lifestyle

新旧が融合するお洒落な元移民街

元移民街という空気が色濃く残る、情緒あるエリアである。新旧が融合され、バーやクラブ、ヴィンテージ・ストア等が多く立ち並ぶ。
地価高騰により夜も安全な地域となった。多くのナイトクラブやバーがオーチャード、ラドロウおよびエセックス・ストリート沿いに特に密集し、週末の夜は若者で賑わう。
錆びついた非常階段や、戦前からの建物が立ち並ぶアートになる街並みで、若手のギャラリーやお洒落なレストランなどが多くオープンし、現在注目の地域である。

「アベニュー・オブ・ジ・イミグランツ(移民)」のサイン

アベニュー・オブ・ジ・イミグランツ(移民)」通り

Features

新しいギャラリーが続々オープン

2007年にニュー・ミュージアムがこの地区に移転して来て以来、バワリー・ストリートに新しいギャラリーが続々とオープンした事から、LESは「次のチェルシー」と呼ばれている。
サロン・94・バワリーは、セラミック・アート・ブームに一役買う、今非常に注目されるギャラリー。著名アーティスト、ギャビン・ブラウンがオーナーを務めるギャラリーのギャビン・ブラウンズ・エンタープライズは、若手の個性的なアーティストの作品を扱う。エセックス・ストリート駅に隣接する所に、「ロウライン」という世界初の地下公園が将来建設予定。

サロン・94・バワリー

サロン・94・バワリー

Food & Drinks

移民街ならではのバラエティ

ドラマティックな歴史溢れる移民街だった事から、多国籍レストランが多く並ぶ。中でもユダヤ文化が色濃く残っている為、本物のユダヤ料理も楽しめる。
数々の音楽映画の舞台になっているライブハウス、アーレンズ・グローサリーの他にも、ピアノズという有名なレストラン・バーも人気。お洒落なニューヨーカー達で常に賑わっている。90年代のレトロなビーチ・カフェをイメージしたピザ・ビーチ・LESは、ニューヨークとマリブが合わさった可愛らしい店内。窯焼きのオーブン・ピザや自家製のパスタ等、食材と味にも定評がある。

Transportation


B train D train F train M train J train Z train


ロウアー・イーストサイドにはバスが数ライン走っている。地下鉄では、エセックス・ストリート駅にF,J,M,Zラインが停車する。このエセックス・ストリート駅はデランシー・ストリート駅と連結している。Fラインは、その他にもイースト・ブロードウェイ駅と2番街駅に停まる。J,Zラインはバワリー・ストリートにも停まる。グランド・ストリート駅にはB,Dラインが停車する。

F to East Broadway | F,J,M,Z to Essex-Delancey | B,D to Grand St. | J,Z to Bowery | F to Second Ave. 

ロウアー・イーストサイド

このエリアの物件を探す


賃貸     売買 

エリア一覧へ