入居期間中 - 賃貸ガイド マンハッタン - 住友不動産販売ニューヨーク

賃貸ガイド マンハッタン

入居期間中

1. 貸主(家主)への連絡

  • 貸主(家主)への連絡はトラブルを避けるため、できるだけ「書面」で行いましょう。コンドミニアムの場合は、直接家主に連絡する場合と、貸主が委託したビル管理会社に連絡する場合があります。特に、入居中の修理依頼や契約更新時の家賃交渉など、退去時まで家主と連絡をとるケースは多くありますので、良い人間関係を保つようにしましょう。

2. 毎月の家賃と公共料金の支払い

  • 家賃については、近年ペーパーレス化が進んだこともあり、「請求書」を発行しないケースも増えてきていますが、契約書に記載の「締切期日」には忘れずにお支払いください。期日に遅れた場合、遅延金が請求される場合があります。
  • 電気、ケーブルTVなどの公共料金は、「請求書」が自宅に届きます。従来小切手を郵送するのが一般的でしたが、最近は銀行引落やクレジットカードによる支払も可能です。

3. ビルのスタッフについて

  • ビルには、フロントに常駐するコンシェルジュ、ドアの開閉や荷物を運ぶことを手伝ってくれるドアマン、修理の責任者であるスーパー、その下で働くハンディマンなどがいます。朝晩の挨拶、ちょっとした会話などを通じてコミニュケーションを図り、ニューヨーカーのライフスタイルを楽しんでください。また、便宜を図ってもらったときや、クリスマス時期にはチップを渡すのが一般的です。

4. 修理の依頼と補修費の負担について

  • 補修費は電球などの消耗品は借主負担、冷蔵庫、エアコンのように付帯設備・機器が故障した場合は貸主(家主)負担となります。
  • レンタルビルの場合は、ビルの修理担当者であるスーパーやハンディマンに依頼すれば、比較的速やかに対応してもらえます。コンドミニアムの場合は、まずは貸主あるいは貸主が委託した管理会社に連絡し、そこからビルのハンディマンなどに依頼するため、一般的にレンタルビルより時間がかかります。

5. 部屋の清掃・手入れと洗濯事情について

  • 定期的に正しい清掃や手入れを行うよう心がけましょう。便利なクリーニングサービスを定期的に活用されることもお勧めです。特に、キッチンの油汚れやバスルームのカビは、時間が経過すると清掃が難しくなるだけでなく、機器や設備に損傷を及ぼす場合がございます。また、正しい使用を怠ったために、セキュリティー・ディポジットの返金トラブルとなるケースがありますので、ご注意ください。
  • ニューヨークでは、景観保護の為、 洗濯物を外に干すことが法律で禁じられています。

6. 契約の「更新」手続について

  • 住友不動産販売NYでは、契約満了日の3ケ月前から「契約満了(更新)」に関するお知らせをし、更新手続を「無料」*でサポートいたします。担当エージェント、もしくはSRESスマートサポートデスク/スタッフまでご連絡ください。

*コンドミニアムの契約更新については、更新手数料$300を申し受けます。