管理組合の申請・承認手続き - 売却ガイド マンハッタン - 住友不動産販売ニューヨーク

売却ガイド マンハッタン

管理組合の申請・承認手続き

管理組合の申請・承認手続

購入には管理組合の承認が必要

  • 米国にて、コンドミニアムやコープを購入する際、コンドミニアム(コープ)管理組合への申請・承認が必要となります。
  • 購入希望者(買主)は、管理組合から入居の為の申請書類(Board Package)を入手し、必要書類(身分証明書、税務申告書、銀行残高証明書、財務諸表等)と共に管理組合へ提出します。
  • 審査期間は、通常新築物件で1~2週間、中古物件で2~4週間程要し、「承認」が下りてから弁護士の手配によりクロージングの日が決定されます。

* コンドミニアム(コープ)管理組合:

分譲アパートの購入者(区分所有者)で構成される組織組合であり、物件の資産価値維持・向上を目的とし、修繕・メンテナンス等の建物管理に加え、新たな物件購入者・入居者の適正審査を行います。


* RIGHT OF FIRST REFUSAL(管理組合が同条件で物件を買い上げる権利):

物件資産価値の維持を目的とし、双方の合意による「売買価格」が「市場価格」よりはるかに低い場合、当該権利が行使され、組合への申請が承認されないケースがあります。