購入ガイド ウェストチェスター

郊外の代表的な物件タイプ

郊外の代表的な物件タイプ

SINGLE FAMILY HOUSE(一世帯用一戸建て)

  • 一世帯用一軒家。集合住宅と比べ、隣人の騒音などを気にする必要がなく、また専用庭が持てるの等、独立性が高いので、プライバシー面で優位性がある。
  • 一方で、芝生の水遣りや門前の雪かきなど、季節に応じた住居管理を必要とし、所有期間中の作業・費用負担が重要な考慮点となる。

MULTIPLE FAMILY HOUSE(複数世帯用一戸建て)

  • 複数世帯が入居する一戸建て。「Two Family House」は、二世帯が上下に分かれる形式、「Duplex Two Family House」は、 二世帯住宅が左右に隣接する形式を指す。Duplexタイプは、左右に隣接するため、階下の騒音等を気にする必要がなく、若干独立性が高いと言える。
  • Single Family House同様、庭の手入れ等の住居管理における費用負担を考慮する必要がある。